路地:戦慄の心霊スポット:神奈川県2




・路地裏 > ・戦慄の心霊スポット > 神奈川県情報2



戦慄の心霊スポット:神奈川県情報2


■投稿はこちらから

・投稿フォーム ・投稿フォーム(全国版) ・掲示板
■旧善波トンネル ・神奈川県秦野〜伊勢原 ・レポート ・動画 ・コラム ・お客様の声
神奈川県秦野〜伊勢原に「善波峠」があり、国道が峠を突きぬくように善波トンネルは存在する。主に現在使われているのが新しいトンネルで、トンネル手前より脇道に入ると、旧道とともに旧善波トンネルが姿を見せる。

“旧”ではあるのだが、このトンネルは現在でも使われている現役のトンネルだ。よって車での通過も特に問題はない。しかし決して広いトンネルではないので、そういった意味での注意は必要だ。

このトンネルでは、色々と奇妙な現象が起きているそうだ。例えば「霊が手招きをして事故を誘う」といったものなのだが、これはとある出来事に端を発しているらしい。とある少年が事故を起こし、この付近で亡くなられた。亡くなられた方の名前を、ここでは仮に「俊二」としよう。この俊二が亡くなってから幾日が過ぎ、現地にはこのような看板が建てられた。

「もう死なないで俊二」

その筋では非常に有名といえる、今はなきあの看板である。これ以降、様々な噂話が持ち上がることになる。いくつか例を下に挙げておく。なお、この旧善波トンネルに関しての真相…というか発端的なものを、以前に某メディアの方から依頼を受け調べたものがあるので、それは追々PC版コラムにでも掲載したいと思う。



・ケース1
子供が遊んでいる時に車に撥ねられて死亡。以降、子供の霊が飛び出す、交通事故が多発といった噂が流れる。例の看板「もう死なないで〜」を設置後、事故がなくなる。

・ケース2
国道246を横断しようとした少年が死亡。以後、付近を通る車の前に飛び出すようになる。見かねた遺族が事故現場に「もう死なないで〜」という看板を出したところ、現象が収まる。

・ケース3
現地での俊二死亡事故後、例の看板を目撃した人々の間で「このあたりに子供の幽霊が現れる」という噂が流れる。奇妙なことに、誰が確認したわけでもないのだろうが、子供の霊の名前が「俊二」であるとの噂がたつ。以降、子供の幽霊が、同じ「俊二」という名前のドライバーを事故に遭わせようとする。

・ケース4
例の事故以降、付近を走行するドライバーが子供を車で轢いてしまうも、確認しても轢いたはずの子供は見当たらないという出来事が起きる。どうやら、おそらく、自分が轢かれて死んだ事に気付かず、幾度も車に撥ねられるのだろうとの噂となった。その事例を知った両親が、死んだことを伝えるために建てたのが、例の看板である。

■某短大付近のトンネル ・神奈川県秦野市
・情報提供者:knack555様

初めまして。
今から5年近く前に、訪れたことのある心霊ポットを紹介いたします。
そこは神奈川県秦野市にある某短大の下にあるトンネルです。
トンネル内で自殺した人の霊がでると言う噂なのですが、トンネルの中よりも、トンネルを出た所にあるドン突きの壁?の方の目撃例が多いです。
その壁付近で、声を聞いたとか霊を目撃したとか、写真に写ったとか。
俺が実際に経験したのは、ドン突きの壁の部分で道路やトンネルの写真を撮影していたら、ガンガンと言う鉄板を叩く音が壁からしてきました。
流石にビビッて周りを見回したけど、何も無くて、壁の裏側を見ても何もありませんでした。
速攻で撤収したのは言うまでもありません。
■遺跡発掘現場の怪 ・神奈川県伊勢原市〜海老名市
1976年頃、神奈川県は伊勢原市と海老名市の土壌から、多くの縄文式土器や墳墓の装飾用土器などが相次いで発見された時期があった。公式に発掘作業が行われたのだが、実はその前に非公式で発掘し、土器を持ち帰っていた人々が存在していたのである。

それからのこと。無断で持ち帰ったその人間達が、たった1年足らずで全て亡くなってしまったのである。死因は交通事故から病死などさまざまだ。しかもその後、公式に行われた発掘作業に関わった人達さえも原因不明の病気や自宅が火事で全焼するなど、災難が相次いだ。

霊能者の話では、この土地の霊は非常い強力だと言う。古代遺跡そのものに強力な怨念が込められているのであろう事は、起きてしまった数々の霊障を見れば、素人目にも分ると思う。

■山神トンネル ・神奈川県厚木市七沢 ・レポート
・情報提供者:kenken様

神奈川県の七沢にある山神トンネル。マジやばい。
本当に怖いです。広沢寺温泉の奥、キャンプ場に行く途中にあります。少し判り
にくいですが地図にも一応載ってます。ぜひ行ってみてください。トンネルには
昔作業中に死んだ作業員の霊が出るらしい…。

■泣き別れ坂 ・神奈川県海老名市 ・レポート
神奈川県海老名市の■■小学校の西側の側道に「吾妻坂」という坂がある。
この坂は、“泣き別れ坂”とも言われており、その名前からしても察するとおり悲しい歴史が残されていると言われている。

戦時中では邪魔扱いとされていた乳呑児を、この地で抹殺したと言う。母の手から離れ行く子供に、泣きながら別れを告げ、やがてこの「泣き別れ坂」と呼ばれる様になったとの話。現在では想像すら出来ない、切なく悲しい惨事が、この「吾妻坂」で、かつて行われていたらしい。

たとえ時代背景の為とは言え、この世に生を受け、この現世を生きて行くはずであった子供たちが、突如命を奪われる。その無念さは計り知れない事は、容易に想像でき、そしてこの「吾妻坂」では、数々の霊現象が起きる事も、そんな歴史を思えば、当然の事なのかもしれない。

また、この付近には「貴日土神社」があり、その鳥居付近で心霊写真の撮影に成功したとの報告もある。また付近にはまだまだミステリアスな場所が存在するとの事なのだが、現時点では、この「吾妻坂」の情報のみを公開する事とする。

■津久井湖 ・神奈川県相模原市 ・レポート ・動画1  ・お客様の声
神奈川県津久井郡にある津久井湖には湖畔をさまよう女性の霊が目撃されるそうだ。有りがちではあるのだが、タクシードライバー関連の「乗せた女性が消えた」といった情報も古くから聞かれる。

また、この付近にはその他にも奇妙な場所が多い。東京方面から津久井湖に向かい、その津久井湖手前の路地を右に曲がりしばらく車を走らせるとトンネルがある。
真夜中そのトンネルに友人達が「きもだめし」と称し、ふざけ半分で向かったら、トンネルの中に白い着物を着た青白い女の幽霊がこちらを見ながら笑っていたという情報は、私の知人から頂いたものだ。

その情報を聞き、その友人達と再度、今度は私も一緒にその場へ行ったが、その時は出現しなかった。やはり「津久井湖」で溺死した女性の霊なのだろうか。

■都井沢トンネル ・神奈川県相模原市緑区若葉台 ・レポート ・動画 ・お客様の声
このトンネルが、はたしていつの頃から心霊スポットとして噂されるようになったのか。私はそれを明確に把握している訳ではないのだが、少なくとも1989年発行の書籍には、この「都井沢トンネル」を心霊スポットとして紹介する記述を見る事ができる。

その書籍のタイトルは「関東近郊幽霊デートコースマップ(著者:幽霊探検隊 発行:リム・ユナイト)」といい、さりげなくメディアにも取り上げられて話題になった経緯もあり、持っている方もいるかと思う。かくいう私も、取り上げられたテレビを見て、即書籍にて購入した経緯がある。

掲載された内容によれば、このトンネルでは自衛隊の服を着た血まみれの男性が、闇の中に「ぼーっ」と現れるそうだ。更に車で走行した際に遭遇した時には、車のボディに手形が付いて、それが不思議となかなか消えないというものだ。今となっては、何ともよく聞く内容である。

それ以外の記述に目を向けると、この書籍の内容に不思議さ…というより不自然さを、どうしても感じてしまう。これは昔から常々感じていた事なのだが、まずこの紹介分の冒頭には、こう記されている。

「外灯のない短いトンネルだが〜」

この都井沢トンネルを知る人なら、まずこの部分で「?」と思うだろう。このトンネルには、しっかりとした照明施設が設置されているのだ。また、それ以外にもこんな記述も見られる。

「コーナーを曲がり切れずに崖からおっこちてしまうと言う話も有名」

といったものなのだが、これも不自然に思えてくる。トンネルの出口の先のT字路付近が崖といえば崖なので、納得しようと思えば出来なくもない。

しかしながら、実は別の心霊スポットと内容が入れ違っている感が見受けられることに、その不自然さの大きな要因がある。どうも掲載された内容の心霊スポットは、都井沢トンネルから位置的にもそう遠くない「岳雲沢隧道」の事に思えてくるのだ。確かに岳雲沢隧道には外灯は無いし、周囲はそれこそ崖だらけだ。それに記述には

「クラクションを鳴らすと〜」

ともあるのだが、それも岳雲沢隧道にそんな噂があるし、実際に私の友人も同じ様な事を岳雲沢隧道で行い怖い体験をしているとは、このサイトの「津久井湖」にも記載している。

しかしながら、その書籍に記載された地図は、確かに都井沢トンネルである。なので、あくまでも予想でしかないのだが、都井沢トンネルと岳雲沢隧道の双方に情報があったのではなかろうか。しかし、何らかの手違いで地図は都井沢トンネル、内容は岳雲沢隧道となってしまのではないだろうか…。

実際、現在になって聞かれる都井沢トンネルの心霊的情報は、上記の「自衛隊の〜」とは違うものだ。例えば私のサイトに寄せられる情報には「女性の霊が出る」というものがあり、明らかに「自衛隊」とはかけ離れたものである。

といって自衛隊の〜に近い情報もあるし、「そんな何も出ないよ」といった極論的な情報も正直ある。俗にいう「あるない論」はさておき、そのような経緯の末、いろいろな意味で興味深い心霊スポットになったものだと個人的には感じている。

また、それ以外の情報として「お婆さんの霊」の目撃情報がある。これはかいつまんで説明すればこうだ。

2人の孫を連れたお婆さんが事故に遭遇し、子供が亡くなってしまうという事故が起きてしまったそうだ。罪を感じたお婆さんは、事故現場付近を徘徊するようになり、それはお婆さんが死んでからも続いたそうだ。つまり罪の意識からか、死んでもなお孫を想い続け霊となって付近を彷徨っているという事になる。

この話は実に悲しいものを感じてしまう。トンネル出口付近のお地蔵様は、事故で亡くなられた子供たちの為に建てられたものだという。
■岳雲沢隧道 ・神奈川県相模原市緑区三井 ・レポート ・動画 ・お客様の声
上記の「都井沢トンネル」にある通り、このトンネルでクラクションを鳴らすと霊が現れるという情報は古くから聞かれているし、私自身も20歳の頃には聞いていた様に記憶している。そのクラクションを鳴らす行為の末に出てくる霊に、様々な差が生じている様に感じる。因みに私の知人いわく

「白い着物を着た青白い女の幽霊」

を目撃したそうだ。その表情は般若の様であったという…。

都井沢トンネルの項で書いたが、「何らかの手違いで地図は都井沢トンネル、内容は岳雲沢隧道」と私は推理している。しているのだが、この岳雲沢隧道において「自衛隊ないしそれに類似した服装の霊」の噂話は実は聞かない。その噂話さえあれば、それこそ決定打であったのだが…まあそうそう上手くいくものではないし、そもそも私の予想なんて、それこそタカが知れている。

因みに、この岳雲沢隧道は「津久井トンネル」とも呼ばれているそうだ。
■桂橋 ・神奈川県相模原市緑区千木良〜若柳 ・レポート ・動画
・投稿者:現地民の親戚


平成元年に完成した、そこそこ新しい橋ですが、年平均1〜2人の自殺者が出ているちょっとした自殺の名所です。
親戚の家が直ぐ近くにあるので体験談など良く聞きました。


「夜中往復すると、帰り道に誰かに尾行られる。欄干を叩きながら近づいてくるが、 むろん振り返っても姿は見えない。」

「夜中にバイクで走る時は、クラクションを鳴らすかエンジンを派手に吹かしながらでないと、飛び出してきた女に事故ってしまう。女はぶつかったと思うと突然消える」


といった内容でした。

親戚は、ここ数年前に橋の側の交差点でバイク事故を起こし死亡しました。
相手は見つかっておらず、今は慰霊碑が建っています。


・管理者より
先日に訪れて来ました。
その際に掌を合わさせていただきました。

■×の大橋 ・神奈川県相模原市津久井町〜愛甲郡清川村 ・レポート ・体験談 ・動画1 
津久井湖を約10kmほど南下したところに「宮ヶ瀬湖」という湖がある。神奈川県民の水瓶として平成7年10月に完成し、それに伴い「宮ヶ瀬湖」と名付けられた人造湖である。この湖には「■の大橋」という橋がある。橋の全長は330mと比較的長く、遠くから見る姿は非常に美しいのだが、その一方で自殺の名所いう一面を持ち、心霊スポットとしても今や全国的に有名である。

この橋が自殺の名所、そして心霊スポットとして囁かれ始めたのはダム湖が出来るより以前になる。もともとこの橋は、ダム建設に伴い水没する箇所の代替道路として昭和61年に建設されたものなのだが、それから数年後には既に自殺の名所・心霊スポットとして噂され始めていた。

今日に見られる湛えられた水も当時は当然なく、橋の上下の高低さは相当のものであったであろう。その条件が自殺志願者に受け入れられたのか1人・2人と身を投じ、やがて様々な噂が聞かれ始め今日に至っている。

現在この橋では「歩いていたら突然背中を押されたが背後には誰もいなかった」といった報告例をはじめ、白い人影の目撃談などが聞かれ、また心霊写真も時折撮影されるともいう。この橋を“最終の地”ときめ、身を投げていった者たちが、様々なかたちで我々の前に存在を訴えているのであろう。

■某キャンプ場 ・神奈川県相模原市青根
神奈川県相模原市青根付近は、奥相模湖に身を投げ自ら命を絶った人達の霊が多く出没するという。

キャンプ場のような、若者が集う行楽地に霊の目撃例が多い。想像するに、恐らく人恋しくなった霊が集まってくるのであろうか。上半身だけの男の霊が、草むらの中で寂しそうな顔をして立っている姿を目撃したという例がある。

また、深夜にテントの周りをぐるぐると歩き回る音を聞き、外を確認したが誰もいなかったという情報もある。

■相模湖 ・神奈川県相模原市 ・レポート ・体験談 ・お客様の声
この相模湖が心霊スポットとして噂されているのを知ったのは、このサイトを運営してからの事になる。津久井湖が心霊スポットでもあったのは幼少より知ってはいたが、相模湖の心霊スポットとしての存在は、全くと言って良いほど耳にしていなかった。

サイトを運営していくうち、この相模湖の様々な情報に耳を傾ける機会が増えた。例えば湖畔の廃ホテルなどだ。周囲の美しい景観にそぐわぬ姿を、観光客などに誇示しているということだ。映像などでも見る機会もあり、その雰囲気は「確かに不気味」と納得してしまう部分は多い。

また、この相模湖では過去に悲惨な事故が起きている。遠足に訪れていた生徒たちを乗せた遊覧船が、何かしらのトラブルで沈没してしまう。被害者は22人にも及ぶ悲劇であったそうだ。1954年の話である。

どうやら、このあたりから現地が心霊スポットとして知られる要因の1つのようだ。以前に現地を訪れた際に起きた奇妙な現象も、この沈没事故の犠牲者の霊のしわざと想定すると、その恐怖感も複雑なものに思えてしまう。

■大井松田インター付近 ・神奈川県足柄郡
神奈川県を走る東名高速道路の大井松田インター付近で女性の霊が出没とのことだ。この霊体は、この付近で交通事故に遭遇し亡くなられた方だという見方が強い。車に手をあげて乗せてもらおうとするらしく、実際に車を停車させると煙が空気に溶け込んでしまうかのように消えてしまうそうだ。しかし面白い事にタクシーには手をあげないと言う話。


・路地裏 > ・戦慄の心霊スポット > 神奈川県情報2

Web Master : Tokyo-Power
E-Mail Address : roji_ura@yahoo.co.jp
Copyright(C) 路地裏 Roji-Ura Tokyo-Power All rights reserved