路地裏:戦慄の心霊スポット:富山県

路地裏:戦慄の心霊スポット:富山県

<< 前のページに戻る

蔵原隧道・小森谷隧道など ・富山県南砺市川西

富山県福光町の国道304号線を金沢方面に進むとトンネル(1)があります。そのトンネルの手前右側に小矢部市に行く道があり、その道を行くと正面に大きめのトンネル(2)があり、左側に小さいトンネル(3)があります。その小さいトンネルも幽霊が出るという噂がありますが、トンネルの近くの砂利道を登った先に廃墟があります。その廃墟で奇妙な写真が撮れたり肩を叩かれたりと、様々な現象が起きました。

しかし、その場所は立ち入り禁止区域なので、あまり潜入はお勧め出来ません。向かう場合には自己責任でお願いします。

また、砂利道を登るときの初めのカーブを曲らずに、草の中を真っ直ぐ進むと、もう1つトンネルがあります。そのトンネルは石で作られており、ところどころ土が見えていて、軍人の霊が出るという噂です。地元の人は「土壁トンネル」と呼んでいるそうです。

*廃墟物件は管理されている可能性があります
そういった物件は基本的に立ち入り禁止となっております
なお、不法侵入したうえで起きた如何なるトラブルも、当サイトでは一切の責任を負わないものとします

・管理者より
上記トンネルに付けた番号は、下記のトンネル名となります。
(1)新蔵原トンネル
(2)蔵原隧道
(3)小森谷トンネル
(4)小森谷隧道

津々良トンネル ・富山県高岡市頭川~氷見市仏生寺

・情報提供者:匿名様

富山県高岡市頭川にあるトンネルです。約四十年前に、当時の老人から聞いた話ですが、トンネルの入り口付近に人が「人柱」として埋められていると言うことでした。城を作ったときに作った大工を埋めて、城の秘密を守ったという話と似ています。

その老人の話によれば、埋められたのは他の国から連れてきた人と言うことでした。このトンネルを出てすぐの急カーブで、車が何台も谷底へ転落するという死亡事故が多く発生しています。そのために、今は新しいトンネルが作られて、事故は無くなったといいます。

坪野鉱泉 ・富山県魚津市

・情報提供者:ハルカ様

私は富山県の在住している高校生です。
まぁ最近は春休みでPCばかりをさわっていて、心霊系統が大好きなのでHPを彷徨っています。
で、ここにたどり着いたんですけど、お願いしたいのは、富山県の魚津市にある坪野鉱泉です。
あまりに有名??すぎるかもしれません。
某霊能力者も怖くて入れなかったぐらいらしいです。
山の中の廃墟と化したホテルです。
だんだん暖かくなってきてるので、雪もなくなったと思います。

ここには、私の友達もたくさん言っていると聞いています。
で、そこに行った時に、おかしな行動をとる人が出てくるそうです。
階段を上ったり降りたり。
さっきまでは怖がっていたのに、一人で同じことを何度も繰り返すんだそうです。
私はまだ行ってないんです。霊感が強いというのは全くないし、まだ免許を取っていないので自分ではいけません。
忘れていました。昔ここで2人の女性が行方不明になっています。
今もまだ見つかってないと聞いています。新聞にも掲載されました。

白倉トンネル ・富山県魚津市鹿熊

・情報提供者:ななめうしろの霊太郎様

薄気味悪い感じ満点な場所魚津(ダム側)から進入すると中間まで平坦で中間辺りですれ違うスペースが有る(広さ車6台位)。
そこからは登りでトンネル出口が見える構造となっている。
短い距離だが閉塞感満載で電燈も暗い気温の差が激しく、良く霧がかかり道が見えない事多し。
あまり自動車の往来が無いので当時は、週末峠サーキット族が一晩中ダム周囲道路を攻めていた。
地元民は薄気味悪いので用事が無ければ一人では夜近寄らない。
地元の有名な機械メーカの従業員の新人さんが、ガソリンをかぶり焼身自殺を期に心霊スポットと有名になる。

宮野山公園 ・富山県黒部

・情報提供者:ハルカ様

もうひとつ投稿します。
それは黒部市の宮野山公園という名の公園です。

ここは昔戦場か何かだったらしく、追悼碑もあるそうです。
ここを車で通ると、スピーカーから不気味な声が聞こえてくるそうです。

路地裏:心霊スポットの投稿について

・当サイトでは、心霊スポット情報を常時募集しています。何かと噂されている心霊スポット情報をお持ちの方は、ぜひ投稿して下さい。なお、投稿の際には下記の投稿フォームや掲示板をご活用下さい。

・投稿フォーム

・掲示板

注意事項

・当サイトに掲載している心霊スポット画像および心霊スポット紹介文などの文章を、無断で使用することは禁じています。

・当サイトでは、心霊スポットへ訪れる行為および不法侵入を推奨してはおりません。実際に訪れた際における様々なトラブルについて、当サイトではその一切の責任を負わないものとします。

・参考文献一覧

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP