路地裏:戦慄の心霊スポット:岡山県

路地裏:戦慄の心霊スポット:岡山県

<< 前のページに戻る

白馬トンネル ・岡山県倉敷市

情報提供者:匿名様

かなり前の話しになります。
ある夏の日、私たちが車で帰っていたら、いきなりエンジンの調子がおかしくなり車を停めました。
しかし、エンジンを見てみると特に異常はなかったので、再び車に乗ったのですが、その時に誰かの泣き声が聞こえてきました。
もちろん車に乗っていた私たちは誰も泣いていません。
「誰の泣き声だ?」
と思いつつ前方を見てみると、白い服を着た足のない少女らしき人物が見えました。
と同時に、周辺から何とも言えない奇妙な音が聞こえてきました。
恐ろしくなり、大慌てで帰ったのは言うまでもありません。

その後、そのトンネル付近で様々な事故が起きたのを噂で聞きました。
また、私たちと同じく「白い服を着た少女を見た」という噂も聞きました。

人形峠 ・岡山県苫田郡鏡野町~鳥取県東伯郡三朝町

岡山県と鳥取県を貫く、国道179号線の県境に位置する人形峠。
ここでは泣き叫ぶ赤子の霊の姿や、顔が半分ほど潰れてしまった状況の霊が出現するという。

もともとの人形峠と呼ばれていた場所は、付近にある「人形仙」にあったそうで、現在に呼ばれている人形峠は「打札」と呼ばれていたそうだ。

そんな人形峠には、その名の由来となったエピソードが幾つか存在する。
峠を往来する人々を襲う化け物を退治する際に、人形を使い見事退治したというのが大まかな内容だ。
その登場する化け物が「巨大蜘蛛」である場合と「巨大蜂」と2つ存在している。

この言伝えの他に、人形という共通点こそあれ、内容が全く違うものがある。
幼い女の子を連れた母親が、この峠を通行する際に濃霧に見舞われた。
そんな一寸先も見えない状況に、この母子ははぐれてしまう。
互いに泣け叫びながら、互いを探すのだが巡り会えず、ようやく霧が晴れた時に見つかったのが、娘の姿によく似た人形であったというものである。

この母子のエピソードが、もしかしたら「泣き叫ぶ赤子」といった現地情報に変化していったのかもしれない。

余談だが、言伝えの「巨大蜘蛛」バージョンが、「まんが日本昔ばなし」にて「人形峠」というタイトルで放映された経緯がある。
DVD等で見る機会があればチェックしておきたいところだ。

路地裏:心霊スポットの投稿について

・当サイトでは、心霊スポット情報を常時募集しています。何かと噂されている心霊スポット情報をお持ちの方は、ぜひ投稿して下さい。なお、投稿の際には下記の投稿フォームや掲示板をご活用下さい。

・投稿フォーム

・掲示板

注意事項

・当サイトに掲載している心霊スポット画像および心霊スポット紹介文などの文章を、無断で使用することは禁じています。

・当サイトでは、心霊スポットへ訪れる行為および不法侵入を推奨してはおりません。実際に訪れた際における様々なトラブルについて、当サイトではその一切の責任を負わないものとします。

・参考文献一覧

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP