路地裏:戦慄の心霊スポット:千葉県2

路地裏:戦慄の心霊スポット:千葉県2

<< 前のページに戻る

犬吠埼 ・千葉県銚子

・レポート ・動画

茨城県も間近な銚子市の犬吠埼。灯台が非常に有名で観光地として知られているのだが、一部では心霊スポットとしても噂されていたりする。

地形が断崖であるため、やはりそこから自殺を印象させてしまうのか、その関連の噂は確かに聞かれる。しかし、それ以上にこの犬吠埼を心霊スポットとして印象付けさせているのは、通称「男塾」と呼ばれている廃墟の存在ではなかろうか。子供たちの為に建てられた施設であったのだが、昭和55年に閉鎖。以降より次第に荒れはじめ、やがて一部に非常に有名な廃墟となった。

この通称「男塾」には様々な噂話が聞かれたそうだ。中でも有名なのが、複数人で建物内に潜入し、ある部屋に入った途端、入った複数人の持つ携帯が一斉に鳴り響いたといったものではなかろうか。その部屋が「205号室」であったことから、この廃墟は男塾の他に「205」といった別名も持っていた。

「持っていた」と過去形で書いたが、それもそのはずで現在ではこの廃墟は存在しない。数々の霊体験の生まれた廃墟は、近年になり崩壊の危険性等から解体されてしまったのだ。現在では何事もなかったかの様に更地が広がっており、廃墟の紹介と共に見られた、手前に建てられていた石碑だけがポツンと残されている。

地蔵ヶ原 ・千葉県香取郡大栄町(現在は成田市)

千葉県香取郡大栄町にある地蔵ヶ原では、八百年も前の怨念が今なお生き続けているらしい。しかし、地蔵ヶ原付近に住む人達は、祟りを恐れ、どのような恐ろしい怨念が残っているのか、どんな霊障が起きているのかを、口をつぐんで語ろうとしないという。

この地では、10年以上前にその地蔵ヶ原を住宅地へ造成しようとした建築業の関係者は、次々に変死や怪死していると言う報告がある。よほどの強い怨念なのであろう。死人が多数出ている事が物語っている。遊び半分などでは近づかない方が賢明であろう。

新村城跡 ・千葉県八日市場

・レポート ・動画

千葉県八日市場市豊岡にある新村城跡で、今から30年ほど前に悲惨な事故が起きた。 道路を通す為の工事がその跡地で行われていたのですが、崖から工事車両めがけて落石がありその工事車両に乗っていた運転手が首を切断し即死したと言う。

問題はその後。その国道付近に新村城の姫君と思われる霊が出没するとの噂がたつようになった。その姫君の供養のために建てられた「一夜塚」は、現在の八雲神社に存在する。その「一夜塚」は姫君が領土争いで敗れ、挙句の果てに井戸にみを投じたその井戸の跡に建てられている。

霊になっても新村城を守っていたのか。
国道建設の為に城のあった土地を崩されるのが許せなかったのかもしれない。

太東崎灯台 ・千葉県いすみ市岬町和泉

・レポート

・情報提供者:コウタ様

地元に古くから住んでいる人には、結構有名な心霊スポットです。俺もあまり近づきたくない場所です。
断崖絶壁にそびえたつその灯台は、3~4年おきに飛び降り自殺者がいて、地元ではかなり怖がられていました。
噂では深夜にその場所に立つと下から無数の手が出てきて、引きずり込もうとするらしいです。(本当かどうかはわかりませんが)
俺が小学生の時、全身を火だるまになりながら飛び降りた自殺者が出て、かなり恐怖したものです。
その後その飛び火が山火事になり、それを期に町が灯台を作り直したのをきっかけに自殺者はいなくなりました。
現在は(最近はあまり行きませんが)新しい灯台の先にあったハズの古い灯台跡地は展望台のような感じになってると思います。
昼間はかなり良い景色ですが、夜はあまり近づかない事をオススメします。

岩船のトンネル ・千葉県いすみ市岩船

・レポート

・情報提供者:伸様

サーファーなら誰でも知っているポイントなのですが【岩舟】というポイントがあります。
そこは防空壕の穴を抜け、崖の上に出ます。そこから海岸へ下りていくのですが、昔は穴の先に海が見える状態でした。
柵も何も無かったので、知っている人は右側に開いている穴から海岸へ降りて行くのですが、知らない人は「海だー!」と言って走って行きそのまま崖下へと落ちて死んでしまった人も多く居たとの事です。
現在は舗装され、柵もついたのでそういった事故はないのですが、防空壕はそのままの状態になっております。
実は、私はその防空壕の横穴で泣いている女の子を見た事があるんです。
きっと、何かの事故で亡くなってしまった子供だと思うのですが、生きている人間では確かになかったです。
泣いていた為、顔を見る事はできませんでしたが服装といい一昔の子供という感じでした。
それ以来、私はそこへはどーしても行く事が出来ず。
ちなみに私がその少女を目撃したのは、日中太陽が出ている時間帯でした。
あとは、先輩の話ですがその先輩は大会などで多く入賞するくらいサーフィンが上手い先輩でした。
友達皆と“岩舟”でサーフィンしてたのですが、気が付くと一人で海岸に倒れていたそうです。
友達に聞くと、皆は車に戻り休憩をしに行きましたが先輩は「もう1本乗ってから戻る」と言い一人で海に入ってたとの事でした。
その後の記憶が全くないらしいのです。
その事があってからは、その先輩は絶対に“岩舟”では入らなくなってしまったのです。
いまだにその時何があったのかは不明です。

長生郡のトンネル群 ・千葉県長生郡長南町付近

・レポート ・書籍

千葉県の中央を東西に走る国道409号線。
緑に包まれた自然豊な国道なのだが、その途中の笠森あたりでトンネルが見えてくる。ほぼ連続して3つほどあるのだが、実はこの付近を調べると、まだまだ多くのトンネルが存在している。そして、そのトンネル群の幾つかには奇妙な噂が聞かれたりもする。

「手まりをつく少女の霊」の噂が聞かれるのは「鶴舞トンネル」である。
何でもトンネルを走行中に突然姿を見せ、その後に猛スピードで追いかけてくるという何ともありがちな噂ではあるのだが、にしても実際に遭遇したとしたら非常に怖ろしく感じるのは間違いないであろう。

「東京湾観音トンネルより危険」と囁かれているのは「長南町の素掘りのトンネル」だ。
林道のような道を登っていくと、その先には車が何とか1台通れる非常に狭く、また正に“掘りっぱなし”といった具合の素掘りのトンネルの風貌は実に荒々しく不気味といえば不気味だ。

それ以外にもトンネルは多く存在しており、またそのトンネルの数に比例して、広くは知られていないが噂はあるのかもしれない。トンネル群を実際に見て廻った時、安易ではあるのだが、そんな気にさせられた。

なお、このトンネル群の近くに「笠森不動尊」がある。
調べてみればすぐに分かると思うのだが、そこは観光地として有名であるのだが、何気にそこでも妙な噂があるらしい。しかしながら、ウチではあくまで“観光地”として紹介するに留めたい。

浜宿海岸 ・千葉県長生郡白子町

・レポート ・動画 ・お客様の声

1982年に、短期間に立て続けに男女が焼身自殺した現場。

最初に千葉県内に住むスナックのママが焼身自殺。以降は東金市のバス運転手(男性)、柏市の会社員(男性)と続き、子供を抱いたまま焼死した男性と、相次いでこの「浜宿海岸」付近で焼身自殺が起きた。
不気味なことに、その全ての焼身自殺者の年齢が、「44歳」という共通点を持っていた。

その事件以降、「車内に霊が突然乗り込み、シートが濡れていた」「深夜の砂浜を歩いていたら奇妙な呻き声が聞こえた」といった噂が、現地より聞かれるようになる。

短期間に続いた自殺や、湧き上がる霊的な噂話に、町長以下自治体の方々がお祓いなどを行うも、やがてこの「浜宿海岸」は閉鎖の道をたどり、地図上からも姿を消したのであった。

大房岬要塞跡 ・千葉県南房総市富浦町

・レポート

房総半島の最南端…とまではいかないが、ほぼ南端に「大房岬」という自然豊な岬がある。
大房岬は東京湾に突き出した形状をしており、高さは80mほどの大地である。東京湾を一望でき、その景観は素晴らしいものである。その素晴らしさを、現在の私達は観光地として利用している。随所に作られた芝生などでは家族が休日を楽しみ、また年配の方々もウォーキングやら何やらで現地を活用している。

しかしながら、時代をさかのぼれば、この東京湾を一望できる環境を軍事的に使われたときもあった。その名残を「要塞跡地」として垣間見ることができるのも、この大房岬のもう一つの魅力でもある。

実際に現地では様々な施設跡があり、また時間を経て凄味を増したその風貌には、これまた何とも言えない魅力を個人的に感じる。

「軍事施設=戦争=死」という図式が成り立ってしまうのであろうか、現地は時に心霊スポットとして囁かれてしまうときもある。もし、深夜に現地に行ったとすれば、間違いなく漆黒の闇が、ただただ待ち受けており恐怖感に支配されてしまうのは間違いないであろう。しかしながら、特にこれといった噂を聞くことは意外と少なく、もしかするとは暗さ加減に恐怖を感じ、そして軍事施設というイメージに霊を重ねているだけなのかもしれない。

上記したように、深夜の大房岬は闇に包まれ普通に歩くのさえままならない状況である。当然ながらその時刻の現地入りを、ウチのサイトでは推奨しないし、また心霊スポットとして現地入りするのも、個人的に「どうかな…」といったところである。やはり現地の素晴らしい自然や、軍事施設跡として行くべき場所であり、そういった目的を持ち訪れた時に、大房岬は素晴らしい姿を見せてくれるのであろう。

路地裏:心霊スポットの投稿について

・当サイトでは、心霊スポット情報を常時募集しています。何かと噂されている心霊スポット情報をお持ちの方は、ぜひ投稿して下さい。なお、投稿の際には下記の投稿フォームや掲示板をご活用下さい。

・投稿フォーム

・掲示板

注意事項

・当サイトに掲載している心霊スポット画像および心霊スポット紹介文などの文章を、無断で使用することは禁じています。

・当サイトでは、心霊スポットへ訪れる行為および不法侵入を推奨してはおりません。実際に訪れた際における様々なトラブルについて、当サイトではその一切の責任を負わないものとします。

・参考文献一覧

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP