トップ】【東京】【神奈川】【埼玉】【千葉】【その他】【路地裏
心霊スポット探索レポート
飛血山:その1
所在地:千葉県流山市
取材日:2002年3月1日
公開日:2002年某日

■記念すべき“千葉県探索”の第一弾は、「八幡の藪知らず」だったのですが、その次に訪れたのが、今回ご紹介する「飛血山」であります。
“千葉県探索第二弾”と言うヤツですね。(笑)


■「八幡の藪知らず」から、約10kmほど北上した流山市の駅周辺に存在する「飛血山」の情報は、サイト運営以前より知っており、「戦慄の心霊スポット:千葉」では、一番最初に紹介しています。

「駅付近の心霊スポット」と言う部分に、何とも言えぬ興味を引かれ様々な意味で、一度は訪れたいと以前より思っており、これを期に「是が非でも」といった勢いで現地に向かった訳であります。

現場まで程近くまで差し掛かり、地図を再確認する。

「役所の裏に飛血山は存在する」

と言った情報を入手していたので、一応それらしき場所を見つけるが…いまいちピンとこない。

「山って…どこ???」

と言うのが第一印象です。(汗)
「駅付近であり市役所の裏」という事から、場所は間違いな合っているのですが、山というよりは“丘”と言った方が正しいような…それほど小さな規模であります。

もう少し現地を詳しく説明するなら、この飛血山と言われる場所の北側には、「流山市役所」が存在し、西側に「総武流山電鉄」が走る。
北側及び東側は、いわゆる「住宅街」であり、訪れた時間帯が時間帯なだけに人の姿は見られなかったが、普段は人の賑わう“街の中心”と言えます。

■現地は、このような感じです。
どう見ても山ではないですよね?(汗)

■そんな街の中心に存在する、何とも“らしからぬ”と言えなくもない心霊スポットなのですが、その昔は処刑場であったと言われています。

その辺の詳しい事は「その2」で書くとして、この「飛血山」にも“それらしき痕跡”…。
例えば東京の鈴ヶ森処刑場のような刑場跡が残っていればと思い、現地を歩いたのですが…実は肝心要である飛血山の内部は、社有地であり「立ち入り禁止」となっております。

この事実は現地に着くまで、当然知らなかった訳で目的の場所を目の前に、初めて知らされる現実に

「マジかよおい…」

「千葉まで来て何やってんだよオレ…」

と、思わず落胆する始末でした。



とまあ心霊スポット探索では“ありがち”な結果なのですが、その時は、すごいショックだったワケであります。(涙)
しょうがない事なんですが…。

■と言う事で、肝心な場所のない、“周囲の状況のみ”の写真となってしまいますが、ご紹介していきます。(汗)

トップ】【東京】【神奈川】【埼玉】【千葉】【その他】【路地裏】【戻る
■はい、このように門が硬く閉ざされています。
しかし見たところ、普段は車の出入りがあるようで
タイヤの痕跡が見受けられます。
恐らく日中は、工事車両の出入りがあるのではないでしょうか…
何だか西側では工事をしている様子だったし…
■むりやり進入すると痛い目にあいそうな雰囲気…
だって…
某セキュリティ会社の看板が貼ってるし!(汗)
■ここは南西に位置するロータリー…かな?(汗)
奥に見えるのが一応飛血山ね(大汗)
■南側から望む飛血山。
幼き頃なら、よじ登る事も可能あのですが、それを今やってしまえば、間違いなく警察に通報されるでしょう。(汗)
■これは東側での写真だと思います。
左が飛血山で、道を挟んで住宅街と…
どこを取っても「心霊スポットらしからぬ」といった具合の現地であります。(大汗)

■というコトで今回はここまで。
次回「その2」で飛血山探索も終了となります。

次へつづく

トップ】【東京】【神奈川】【埼玉】【千葉】【その他】【路地裏】【次へ